2012シーズンBEST5【女子】

2013-03-20
表彰関係

女子県リーグ

  • 外山(Naporeon)
  • 内田(Naporeon)
  • 大石(Naporeon)
  • 坂本(Nova-Futsal)
  • 塚越(Naporeon)

g1

外山(Naporeon)

スケールの大きなプレイで違いを見せつけた。最後尾でカウンターの目を摘み敵の攻撃を防ぎ続けた。ロングボールの処理も抜群の安定感を見せた。力強いシュートを武器に敵陣でフィジカルを活かしてプレーしていた。味方を上手く使いながら決定的なチャンスを演出。フィクソとしてもゴール前を守りきった。

g3

内田(Naporeon)

パス回しの中心となりオフェンスを組み立てながら、スペースを見つければスピードとドリブルを武器に決定的な仕事をしてみせた。ディフェンスのミスを帳消しにする個人能力での打開も多かった。自らが切り開いたチャンスに、広い視野で決定的なラストパスを通し精度の高いプレーで活躍。

g4

大石(Naporeon)

高い技術と広い視野でコートを支配。チャンスを生み出し続けた。両足から繰り出されるパスやシュートは格の違いを見せ続けた。接触にも強く豊富な運動量でチャンスに絡み得点も量産。強烈なキックに加え、深い切り返しで相手を翻弄。ラストパスの精度も高くNaporeonの攻撃を牽引した。

g2

坂本(Nova-Futsal)

Novaを引っ張るキャプテンは最終戦こそ負傷退場してしまったものの気迫のこもったシュートで2得点。どこからでも狙えるキック力を武器に得点を重ねた。セットプレーでは相手チームの驚異となるシュートを打ち続けた。シュートだけではなくドリブルでの突破も含めクオリティーの高さを見せた。

g5

塚越(Naporeon)

優勝チームのゴールを守り続けた守護神はピンチに身体を投げ出しビッグセーブを連発。1対1に無類の強さを発揮し決定的なピンチも防いでいた。リーグ最終戦こそミスがあったものの安定感のあるプレーを続けていた。ミドルシュートに対しても落ち着いて対処。リーグ最少失点を支えた。

MVP・得点王

大石(Naporeon)

広いシュートレンジと高い精度で得点を量産。オフェンスの最終局面に必ず顔を出し続けた。オフェンスだけでなくプレス回避のシーン等でも違いを見せつけた。常に冷静なプレーで決定的な仕事を続けた。優勝したNaporeonの中心として安定感あるパフォーマンスを披露した。

最優秀監督

g6

内田(Nova-futsal)

Novaの組織力を形成し、バリエーション豊かなサインプレー等を指揮し続けた。少ない選手を上手く噛み合わせながらゲームを作り長所を活かしたチームを作り戦った。特にセットプレーでは相手の困惑を招き、坂本という強いキッカーを活かした。プレス回避やデザインプレー等で組織的なフットサルを牽引した。

人気記事ランキング

コメントを閉じる

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL