BFC-KOWA/高島大輔 選手兼監督

takashima

 

今日のCLOUD戦いかがでしたか?

正直、準備の差が出たと思います。時間が経てば経つほど準備不足を感じました。 スタートの時点で、こう行こうとか決めて行ってもチームとしてのその次が作れなかったです。 上手く行っている時間は良いのだけれど点が動いた時点での力不足がはっきりと見て取れました。

仕事の事や時間の無さから来る準備不足が今日の差になったのではないかと思います。

BFCとしては今季も関東リーグ復帰を目標にされているのでしょうか?

選手には言わなかった部分があるのですが、今季は新加入の選手が非常に多いんです。 その中の半分くらいがフットサルを未経験の状態です。当初は、チームのレベルアップを目標に スタートしました。

ただ、開幕後、蓋を開けてみたら結果も付いてきたので徐々チームに目標を修正していきました。

若手を育成していく事はとても大切なことで自分たちがプレーできる間に一緒にプレーする事で 伝えられることも多いので一緒にボールを蹴って伝えようと今年は努力しています。

監督でもある高島さんご自身のプレーする時間も多かったですね?

そうですね。まだまだ経験の少ない若い子達が多いのでやり方を見せる意味でも出場しています。 当然、フットサルっていう競技のやり方はあって、それを知らない子達に強要してしまうと その子達いい部分が消えていってしまうと思います。なので自分が一緒にやりながらパスの受け方や 出し方等を伝えていければいいなと思いピッチに立っています。

コート内とコート外ではどちらからの方が指導しやすいですか?

今はコート内で喜びを共有しながら教えるのが一番良いと自分では考えています。

一敗がつきましたが今後の方向性は?

正直、ここから逆転して優勝っていうのはかなり難しいことだと思います。 今後は、上位リーグで同じ相手と戦うことが出来るので今日の反省を生かして次の試合で どこまで喰らい付けるのか、チャレンジ出来るのかという所をテーマにやっていきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぐんさる名鑑

記事カテゴリ

Twitter

Sponcerd Link

 

ad_right

グラフィック
旭建設株式会社
株式会社五光
有限会社ヤマウラ
東日本さくら印刷
アネックス・トラック
高井精肉
ワールド・インテック
フットウォーズ
昭和製造
岡谷組
国武工業
ダイニングバー縁
山陽酒蔵
NPO法人たいようのうた
アルファ企画

ページ上部へ戻る