【2016/10/16】群馬県女子フットサルリーグの試合結果

デルミリオーレCLOUD PORCO 8 – 7 Amigresso前橋Ladies

 

上記の結果によりデルミリオーレCLOUD PORCOが群馬県女子フットサルリーグ優勝となりました。
デルミリオーレCLOUD PORCOの皆様、参入戦も頑張ってください!!

 

 

■マッチレポート

 

デルミリオーレCLOUD PORCO(以下ポルコ)の引き分け以上で優勝が決まるこの試合、先手を取ったのはAmigresso前橋Ladies(以下アミグレッソ)でした。
優勝への可能性を繋ぐためにも負けられないアミグレッソは気持ちの入ったプレイで王者を圧倒。ゲームに入りきれない昨年度王者を相手に先制点を奪います。
ボール支配は五分五分の中、ポルコはフィクソ-GK間の連携を始め難しい部分が噛み合わずミスを重ねてしまいます。
苛立ちを隠せないポルコと喜びを爆発させるアミグレッソ。

序盤からリードを奪ったアミグレッソは優位にゲームを進めていきます。アミグレッソ8番富井がライン間に入り込み好プレーを連発。上手く捕まえられないポルコは苦戦を強いられます。
対するポルコも21番茂木、3番伊藤を中心にサイドから勝負を仕掛けるものの相手ゴレイロの好セーブによりゴールを奪うことが出来ません。
アミグレッソはゴールを重ね、前半途中で5-0と大きなリードを得ます。

緊急事態にポルコ須崎監督は素早く対応。FP7番久保をゴレイロとして投入。ここからポルコはロングボールメインの攻撃にシフトチェンジ。
強力なキック、シュートを持つ7番久保を中心に自陣からのロングボールやパワープレー気味の攻撃でアミグレッソゴールを狙います。

ポルコは10番島袋を投入後、リズムが生まれボール支配率も高くなっていきます。圧倒的なクイックネスと技術、突破力でチャンスを生み出していきます。

GK7番久保のシュート性のキックをゴール前でコースを変えるオフェンスで徐々に差を詰めますが前半はアミグレッソが3-5でリードして折り返します。

後半も序盤からロングボール中心のオフェンスをポルコが展開。アミグレッソは必死のプレーでゴール前からボールを掻き出します。
相手のミスを逃さずにゴールを奪い少しずつ点差を詰めていくポルコ。迫り来る相手のプレッシャーを感じながら守るアミグレッソ。

追撃の手を休めないポルコがあと一歩まで迫ると、アミグレッソ10番富澤が一瞬の隙を付き見事なゴール。欲しかった追加点で4-6とポルコを突き放します。

こぼれ球を押し込む21番茂木、自陣から見事なロングシュートで7番久保、セットプレー崩れから10番島袋と連続ゴールで逆転に成功。

8-7と遂に逆転に成功、王者のプライドと、個の力を見せつけます。

ほぼ交代を使わないポルコと細かくは交代を使うアミグレッソと対照的な2チームでしたが終盤はどちらのチームも足が止まり苦しいゲームとなりました。

 

 

0-5から8-7の逆転劇を見せたポルコ。最後まで健闘したアミグレッソ。

 

まだまだ普及の進まない群馬女子フットサルですが、もっとたくさんの人に見てもらいたい試合でした。

内容はともかく、熱く気持ちのこもった試合でした。

今シーズンのリーグは優勝が決定しましたが、お時間があれば、是非女子リーグを観戦して見てください!!

 

 

img_1383 img_1381 img_1374 img_1369 img_1395

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぐんさる名鑑

記事カテゴリ

Twitter

Sponcerd Link

 

ad_right

グラフィック
旭建設株式会社
株式会社五光
有限会社ヤマウラ
東日本さくら印刷
アネックス・トラック
高井精肉
ワールド・インテック
フットウォーズ
昭和製造
岡谷組
国武工業
ダイニングバー縁
山陽酒蔵
NPO法人たいようのうた
アルファ企画

ページ上部へ戻る