全日本フットサル選手権の歴史(PUMA CUP)

フットサル選手権の歴史

全日本フットサル選手権大会は財団法人日本サッカー協会が主催する フットサルの全国大会で、毎年2月か3月に行われています。 主な管理団体は、日本フットサル連盟、財団法人東京都サッカー協会、 社団法人大阪府サッカー協会、社団法人兵庫県サッカー協会等です。 各地区予選を勝ち抜き、その後トーナメントによって頂点を目指します。 記念すべき第一回大会は1996年に開催されました。 この大会から12回大会までは駒沢体育館で行われ、 13回大会以降は国立代々木第一体育館で開催されています。 日産自動車や日本ハム、ファミリーマートが主なスポンサーでしたが、 2005年以降はプーマが特別スポンサーとなり、 大会名もプーマカップとして開催されています。 2006年からは決勝ラウンドにおいて 男女混合によるフットサル大会「プーマユニミックスカップ」の エキシビジョンも開催されています。

全日本フットサル選手権歴代優勝クラブ

優勝
1996年 1 ルネス学園甲賀サッカークラブ
1997年 2 府中水元クラブ
1998年 3 ルネス学園甲賀サッカークラブ
1999年 4 FIRE FOX IPANEMA’S
2000年 5 FIRE FOX IPANEMA’S
2001年 6 CASCAVEL BANFF
2002年 7 FIRE FOX
2003年 8 P.S.T.C LONDRINA
2004年 9 BANFF TOHOKU
2005年 10 FIRE FOX
2006年 11 PREDATOR
2007年 12 大洋薬品/BANFF
2008年 13 バルドラール浦安
2009年 14 FUGA MEGURO
2010年 15 シュライカー大阪
2011年 16 中止

競技会規定

大会実施年度の財団法人日本サッカー協会フットサル競技規則による。 ただし、以下の項目については、本大会の規定を定める。

ピッチサイズ

原則として40m×20m

使用球

プーマ社製フットサル用ボール

交代要員の数

7名以内

ベンチに入ることができる人数

12名以内(交代要員7名以内、役員5名以内。ただし、 通訳が必要な場合は6名までとする。)

シューズ

靴底は接地面が飴色もしくは白色のフットサル用シューズのみ使用可能とする。 (スパイクシューズおよび靴底が着色されたものは使用できない。)

すね当て

着用

試合時間

40分間(前後半各20分間)のプレーイングタイム

ハーフタイムのインターバル

15分間(前半終了から後半開始 まで)

試合の勝者を決定する方法(競技時間内で勝敗が決しない場合)

1次ラウンド  引分け

決勝トーナメント

10分間(前後半各5分間)の延長戦を行い、 決しない場合はPK方式により勝敗を決定する。3位決定戦  延長戦は行わず、PK方式にて順位を決定する

延長戦に入る前のインターバル

5分間

PK方式に入る前のインターバル

1分間

ペナルティ

本大会期間中に警告を2回受けた者は、次の1試合に出場できない。 1次ラウンドにおける警告1回は決勝トーナメントには持ち越さない。 本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できず それ以降の処置については本大会の規律・フェアプレー委員会で決定する。

ぐんさる名鑑

記事カテゴリ

Twitter

Sponcerd Link

 

ad_right

グラフィック
旭建設株式会社
株式会社五光
有限会社ヤマウラ
東日本さくら印刷
アネックス・トラック
高井精肉
ワールド・インテック
フットウォーズ
昭和製造
岡谷組
国武工業
ダイニングバー縁
山陽酒蔵
NPO法人たいようのうた
アルファ企画

ページ上部へ戻る