デルミリオーレCLOUD群馬 ~関東1部への挑戦~

IMG_0242

関東フットサルリーグ2部優勝おめでとうございます。昨季の関東フットサルリーグ2部優勝、今季より関東フットサルリーグ1部への昇格を決めた率直な感想を教えてください。

とにかく本当に嬉しいです。ずっとここを目標にやってきて、ここを目標にやってきたので「やっとたどり着けた」というのが率直な感想ですね。

2014シーズンも関東2部へ昇格初年度ながら準優勝、しかし最大の目標である関東1部への入替戦の末、昇格を逃してしまいました。昨季と違った点を教えてください。

2014シーズンもチームとして昇格できる自信はありました。もちろん楽な試合は一つも無かったし厳しい試合ばかりだったけど昇格したいという強い気持ちで戦っていました。ただ残り数試合のところで中断期間に入って、その後の選抜大会(群馬選抜としてデルミリオーレCLOUD群馬の選手中心)で優勝した事により試合数が増えて体にダメージが来ちゃいました。

その後のリーグはコンディションも悪く本当に酷かったですね。練習にも集まれない時期もあったし、あの時期はどんな相手と試合をしても勝てなかったんじゃないかなって思います。
翌年の目標は終盤のコンディション調整だったりとかそういう部分に設定しました(笑
結果的に優勝が掛かった山場でそういった計画性が結果に繋がったのかなとも思います。

2015シーズンは開幕戦の引き分け、そこからの連勝で優勝を飾りました。チームが優勝を意識し始めた時期はいつごろだったのでしょうか?

夏を過ぎた頃の府中アスレティックサテライトとの試合頃かなぁ。あの試合は本当に苦しかったし最大の山でしたね。俺も出れなかったし(出場停止)チアゴも出れなかった(試合開始後に怪我で)けどみんなが頑張ってくれてあの試合を勝ちきれたってのはチームとして成長できたかなぁって思いますし、優勝に向けて勢いや自信を得れた試合だったと思います。

2015シーズンに限らずCLOUDは先制されてからの逆転勝利が多いですよね?立ち上がりが苦手で後半に勝負を賭けるなゲームプランだったりするのでしょうか?

正直言うと、悪いところも分かっているんでいつも「それ(先制される)だけはやめよう」って言ってるんです。
プラン的にはいつも先制して1-0で勝つ事を考えてるんです。ただ出来てないんですよね笑

チームにはベテランが多いので先制されても落ち着いてやれる強みはあったりするんですけどね。そういった部分も関東1部に向けての修正点だと考えています。

ベテランというワードが先ほど出ましたが2015シーズンを優勝で飾れた要因などはどの様な事が考えられますか?

関東2部の中でも平均年齢はかなり高くなってきていて選手それぞれが持つ経験が大きいと思います。
優勝争いをしたチームにもギリギリの勝利でしたし、・・・・・・。(笑 降格争いしていたチームにもギリギリの勝利でした。

フィジカル面じゃなく精神面や経験の部分ですね、ここで取りこぼさないっていう様な気持ちの強さだったり。逆にウチにはそういう部分しかないと思うんで。

これから開幕を迎える関東1部に対して準備をしている部分などを教えてください。

試合に対しての全体のオーガナイズを大切に考えています。試合の細かい部分一つ一つの想定や準備等をしっかりとやっていこうと思っています。勢いだけでは絶対に勝てないと思うので。

群馬リーグ時代からチームを支えたジオゴ選手兼監督、チーニョといった選手が退団となりました。どのような影響などが考えられますか?

去年までとは全然違ったチームになっていくのかなと考えています。彼らがチームに与えてくれるものは大きかったし少なからず影響はあると思います。抜けた分、新しいメンバーも結構入ったので、戦い方が変わっていく事は避けられません。ただ今までのやり方だけではなく新しいものにもチャレンジしていかなければいけません。1部に上がっても一番高い所に目標を置いているのでこれからも進化をしていきたいと思います。

今季の須崎監督は選手だけでなく監督、トップチーム以外のカテゴリの監督も任されていますがプレッシャーなどはありますか?

今季はトップ、セグンド、女子、U-18、U-12と監督をさせて頂いています。もちろんプレッシャーもありますが責任と喜びを持ってやらせてもらっています。ただ、現在は少しずつ僕自身がそれぞれの試合に行けなくなることもあると思うのでコーチを立てて、そういった状況に対する解決策も考えています。最終的には他の人間に任せていけるようになればいいなと考えています。自分でも現在の状況はチームを持ちすぎているといのも分かっているので

監督不在等のイレギュラーな状況を無くして選手たちが安心してプレーできるような環境を少しずつ整えていきたいと考えています。

次ページ:大切なのは組織としての強さ

ページ:
1 2 3 4

5

6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ぐんさる名鑑

記事カテゴリ

Twitter

Sponcerd Link

 

ad_right

グラフィック
旭建設株式会社
株式会社五光
有限会社ヤマウラ
東日本さくら印刷
アネックス・トラック
高井精肉
ワールド・インテック
フットウォーズ
昭和製造
岡谷組
国武工業
ダイニングバー縁
山陽酒蔵
NPO法人たいようのうた
アルファ企画

ページ上部へ戻る